社員紹介<古田部 佳紀:営業職>

「“未経験から1ヶ月で初契約”の言葉を見て応募。ちゃんと達成できました!」


-前職の仕事内容

わたしは大学時代に、家電量販店で接客のアルバイトを経験しています。
新卒で就職活動する時はいろいろな業界を見ましたが、バイトの経験があって一番仕事のイメージがわいたのが、接客・販売の仕事でした。内定をいただき、ドラッグストア店舗での接客から社会人をスタートしました。

-転職のきっかけ
3年ほど働いた時に、このまま5年~10年働く自分の姿、その時に成長している自分の姿がイメージしづらかったことがきっかけです。それから、転職を意識し始めましたが、そこからまた悩みました。

いざ、転職しようにも「今の自分は、どんなことなら勝負できるのか?武器をはっきりと説明できるのか?」と悩み、自問自答したんです。

たくさん悩んだ結果、まずは今の職場でやれることをやりきって、ちゃんと結果を出して、それから自信を持って転職しようと決めました。決めてからは、在庫管理や店舗のレイアウト・販売などについてもう1度改善をはかったり、「この部分だけは地域で1番になろう」と目標を立てたりと、仕事に打ち込みました。
今にして思うと、この時の経験は現在の営業の仕事につながっていることだったと感じます。1つのことを目標に向かってやりきれたことで、次の環境でも頑張っていけると自然に思えました。

-転職活動を振り返って
初めての転職活動は、「面接は何分前に行けばいいんだろう?」「受付で何て言うんだろう?」といった些細なことから始まり、これまた悩むことが多かったです。
わたしは、話すことがすごく得意でもないので面接で緊張したりとか、そういった苦労もありました。ただ、「どうせ働くなら、何かしら目標を持たないとつまらない。頑張りたいと思える会社がいい。」というのは、変わらずずっと思っていました。

営業職の求人を見ている中で、H&Companyの求人広告では、「未経験から1ヶ月で初契約」という言葉が印象的でした。「1人前にする」などよりも具体的だと思ったからです。正直、未経験での営業職への転職は不安も大きかったです。1ヶ月で初契約という言葉を見て、「どうやってやるんだろう?」という素朴な疑問と期待を持って面接に臨みました。

-初めの印象
実際にお会いすると、親身になってフレンドリーになって話を聞いて、会話をしてくれて。そういう面接は初めてでした。
また、社内の見学をさせてくれたり、良いことばかりでなく実際に入社した時の大変な点・難しい点を説明してくれたので、その点でも信頼できるなと感じました。

他の会社からも内定を頂きましたが、「H&Companyで頑張りたい!」という気持ちが強く、入社を決めました。

-大変だった初契約
早口になる癖があったわたしは、初契約までも苦労がありました。
「早口になる ⇒ 焦る ⇒ ますます早口になる」となってしまうと、商談の本題に入る前に、お客様との会話が途切れてしまいます。
入社してしばらくして、「このままでは、やばい!」と思い、たくさん練習しました。

「早口を直す」って簡単じゃないと思うのですが、ウチだと上司が具体的な練習方法を教えてくれます。いくつかの中で、一番効果があったのは、「自分の商談の録音を聞く」ことです。

録音して、聞いて、スピードを修正して、を繰り返しました。いいスピードで話せている時は「今の良かったよ!」と上司が声をかけてくれて、良い時の録音は繰り返し聞いて、良いイメージを持つようにもしました。
初めての自分の録音は正直、声が聞き取りづらく苦痛でしたが、改善されていくと印象が良くなっているのが分かり、手応えを感じられました。自分の成長を実感できるのが、この仕事の醍醐味の1つだと思います。

早口が改善されると、お客様との商談も盛り上がるようになり、なんとか1ヶ月での初契約が決まりました。とにかく大変だったからこそ、その分嬉しかったです!
入社してからずっと、上司からも先輩社員からも、たくさんサポートしてもらっていて、だから未経験からでも結果が出せたと思います。常によく見てくれていて、具体的なアドバイスがあり、ほっとかれることはない職場だと感じました。

人と話す時に苦手なことがあっても、頂いたアドバイスに真面目に取り組むことで、日々成長できています。
真面目に取り組んで苦手なことを克服する、克服して目標を達成する、をこれからも続けていきます!

古田部 佳紀(営業職)

saiyo_b01 saiyo_b02 saiyo_b04 saiyo_b03 saiyo_b05

 

H&Companyへのお問い合わせはこちら

お問い合わせ
Copyright 2019 H&Company, Inc.