Webデザイナー

紹介から始まったデザイナー人生。

現在はシーズン2に突入しています!

「阿部ちゃんここのバーで働いて長いよね?」の一言からスタートしたシーズン1。

昔から漠然とですが家具や絵などに興味があったので大学はデザイン学科に進みました。まぁまぁ楽しい大学生活を終えて、卒業後はワインバーなどで働いていました。

2年くらい働いていたある日、常連さんに「ここで働いて長いよね?」と言われて。そこでデザインに興味があるという話をしたら「会社紹介しようか?」という話をいただき、デザイナーとして働くことになりました。

紹介してもらった会社は制作会社で、グラフィックデザイナーとして大手銀行の開示資料やファッションカタログ、ショッピングモールのDMなど幅広く案件を対応していました。その後2社ほど経験しながら、約8年間グラフィックデザイナーとして働いていましたね。ずっと印刷物をやってきたので、街で看板を見るとフォントの名前がわかってきたり、なんかポスターの余白が気になっちゃったり(笑)デザイナーあるあるかもです。

グラフィックからWebへ…と思った矢先。

8年もやっていると色んなことがありましたが、印象に残っているのは20ページほどある旅行冊子のDM作成ですね。納期までの期間は普段と変わらずページ数がいつもの倍だったっていうのと、桜特集で似たり寄ったりのものを「隣と同じにならないように」ということもあって大変でした。フォントだったり、同じピンクの色でも様々使い分けたりして作りましたね~。でもここでの経験が作業スピード向上につながったと思います。

印刷物の需要はある中でWebへの移行が進んでいるものも多くなってきたので、スキルの幅を広げるためにもWebデザイナーへ転職しようと思ってスクールに通いました。仕事終わりや土日に勉強をして3月の卒業と同時に転職しようと考えていたので、2月で会社を辞める手続きをして。これからWebデザイナーに!と思っていました…が、コロナで3月卒業予定だったスクールが7月に延びたんです…!

デザイナー人生、シーズン2がスタート

卒業が延び転職活動もこれからなのにこの状況…ではあったのですが、僕自身「そうなっちゃったもんは仕方ない」って意外と冷静で(笑)

無事スクールも卒業して何社か面接や面談をしました。H&Companyの面接の印象は、雰囲気がよさそうってことですかね。チームリーダーと採用担当のやり取りを見ていてそうなのかなーと。面接ではそこまで緊張することなく普段の自分で話せたかなーと思います!何社か面接は受けましたが、雰囲気のよさが決め手でH&Companyへ入社を決めました。

実際業務をしてみて感じるこれまでのデザイン業務との違いは『考える』『責任』の2つですね。前職はクライアントからこうしてほしいという要望があるので納期までにイメージ通りに仕上げるといったかんじでした。今は自社のサービスをより良いものにしていくために考え続けるというところが違います。それと、クライアントの要望通りに作るわけではないので自分のデザイン案がそのまま通ることもあります。反響数など結果が伴ってくる分責任も大きいですが、それがやりがいにも繋がっています!

MESSAGE先輩社員からのメッセージ

デザインだけではなく企画から自由にやらせてもらえます。自社サービスということもあり継続的にプロジェクトに関わることになるのでいろんなデザイン業務がしたい方よりは、一つのプロジェクトを長期的なスパンで良くしていきたい方に向いている会社だと思います!ご応募お待ちしております!

CONTACTお問い合わせ

ご質問、ご相談などございましたらこちらよりお気軽にお問い合わせください。