石田健祐

石田健祐/営業リーダー出身:秋田県

なんとなく就職・・・公務員試験に3回落ちて、初めて「自分を見つめなおした」

これまで、流れに乗っかって生きてきました。
学生時代は陸上部で、父から「やってみろー」と言われたのがきっかけでした。 高校・大学と打ち込んできましたが、気がついたら就職活動の時期。なんとなく就活して、なんとなく入社を決めました。 飲食店に就職してからも、特段の目標もなく。ちゃんとしなきゃと思いつつ時間は過ぎていきました。 そんなある日、母と電話で話している時に、「仕事どうするの?1回、地元(秋田)に帰って公務員試験とかやればー。」と言われて、 流れるままに秋田に帰省しました。
それから3年続けて、地元の公務員試験を受けたんです。ぶっちゃけ受かるものだと思っていたら、 まさかの3年連続で最終面接落ち。。。現実を突きつけられて、初めて自分を見つめなおしました。

「やりたいことがなくても、いい!?」の言葉を、2度見

ソッコー求人サイトに登録して求人をながめる日々でした。でも正直何を探せばいいのかも分からず、、。 そんな時に、H&Companyの求人がちらっと目に入りました。「やりたいことがハッキリなくても、いいです」みたいな言葉を見て、自分のことだと感じました。 と求人を思わず2度見。この会社のことをもっと知りたいと想って応募しました。 社長との面接は印象的で。最初は身構えていたのですが、実際は社長ってことを感じさせないような話しやすさでした。 ただ僕面接しながら「落ちたな」と思っていて(笑)でも「せっかく秋田から東京まで来たんだから、なんかしたい!」と思って質問したんです。 「これからどう考えて、何を行動したらいいですか?」などなど。
そしたら、社長がホワイトボードにバーッといろんなこと書き出してくれて! 「うわー、この話マジありがてー」と思いつつ「落ちるから、これも最後のお情けだな。(残念)」って思いながら聞いていました。 そしたら急に、『やってみる?』って聞かれたんです。面接を通じて頑張りたい意思はあったのでその場で入社を決めました。

自分の行動次第で、結果は変わるし、変えていける!

ある日先輩から「早く成長しようと思ったら、自分なりの工夫は欠かせない。 何をやるかは人それぞれだけど、成果を出している人はなにかしらの工夫をしているよ!」とアドバイスをもらいました。 先輩たちは自分なりに工夫しながら行動しているのが分かります。電話のかけ方、メールの送り方、商談前の準備などなど。 僕は、“目の前のことに真剣になりたい!”と、この会社に入ったので、その気づきの後は、 先輩の姿をみながらとにかく色んなことを試したり改善したり、がむしゃらに仕事に打ち込みました。 するとお客さんとの会話が増えたり、「またいつでも電話かけてきて!」なんて言ってもらえたり! 自分の行動で結果は変わってくるのを実感した気がします。
今は、チームリーダーとなって、今度は自分が後輩にアドバイスする立場になりました。 といっても、後輩が入ってきてくれてアドバイスする場が増えるほど、自分自身の知識やどれだけ理解できているか、 の再確認ができるので逆にありがたかったりします!

MESSAGE

今、将来のことや転職で迷っている方!僕もだいぶ迷いましたが、とにかく目の前の事にがむしゃらに取り組んでいると何か変わります。 目標に向かって協力しながら、競い合いながら、一緒に頑張っていきましょう!ご入社、お待ちしてます!