千葉拓馬

千葉拓馬/営業(インサイドセールス)出身:宮城

ヘタなこと言えないしなーと気にする日々。

私は、営業職の中でもインサイドセールス(内勤営業)です。はじめましてのお客様に電話をかけて、まずは当社を知っていただけるように会話をしている感じです。 営業し始めの頃は、結構緊張しましたねー。会話する相手は年上の方ばかりですし、建設現場のことは当然自分よりも知っていますし…。「~だよね」って言われても、 ヘタなことを言ったり知ったかをしたりもできないので、正直困ることもありました。でもやるしかないので、まずはひたすら電話をかけまくっていました。
昔から、覚えるときは身体にしみこませるタイプだったというか(笑)たぶん幼いときからスポーツは好きで、 野球や陸上、アイスホッケーとかをやっていたので、その感覚でまずはやって身体で覚えようと思っていたんだと思います。

頑張れる理由。

私のミッションは、お客様に出来るだけ多くの資料を送ることです。そのあとは他の営業メンバーにバトンタッチをして、より詳しい商談をしてもらいます。 やっていくうちに、『やるからには良いパスを渡したい…!』と思うようになって、他のメンバーの商談を沢山聞いて参考にしたり、 次に活かしたいことをノートに書き留めたり、自分なりに色々な工夫をしましたねー。 すると少しずつ結果が出てきたんです。私が資料を送った企業様が結果的に契約することになって、 その時は契約獲得をした営業メンバーと一緒に喜ぶことができて本当に嬉しかったです!
自分の成長が数字に表れてきたことはモチベーションにもつながったのですが、加えて周りのサポートがあったのも更なるやる気につながりました。 他の営業メンバーが“もっと結果が出るように”って一緒に考えてくれるんです。そして自分が出したパスを頑張って商談につなげようしている姿を見ると、もっと自分も頑張ろうと思えましたねー!

考えて、考えて……考えてます!

ある程度慣れてくると“まずはやってみる精神”にプラスで、結構自分でも考えるようになりました。どんなかんじで考えているかっていうと、自分に沢山問いかけるようにしています。 「どうやったら良いパスができるかな?……まずは担当者と話せるようにして……話せるためには……。」とざっくりした問いを、ドンドン具体化していくかんじで。 すると、ヒントが見つかったりするので、それを次の機会に活かすようにしています。毎日、考えて考えて…の繰り返しですね(笑)
もちろん大変な中にも嬉しいことはありますよ!この前、私が電話をしたお客様に「なんかチラシきてたね!気にはなってたんだよ」 と、電話したことでより興味を持ってもらえたんです。結果的に契約に至って、掲載後は早々に応募も2件入って! 自分の電話がきっかけとなって採用のお手伝いができていることが、なんだか嬉しいなーって思います。

MESSAGE

大変なこともありますが、周りがサポートしていきますので安心してください!自分なりに色々考えて行動に移していくとできることが増えることはもちろん、 アイデアが浮かんだりトークの幅も広がってきたりして楽しいですよ。皆さんのご応募、お待ちしております!